リフォームのことなら滋賀県野洲市の「株式会社ビエンカサ」におまかせください。

  • お問い合わせ
  • アクセス
  • インスタグラム
  • スタッフブログ

Kitchen リフォームのポイント

理想のキッチン、リフォームのポイント

キッチンリフォームにはそれぞれの思い、事情、理想があるはずです。

光が差し込む明るいキッチンにしたい!
収納スペースがたっぷりあるキッチンにしたい!
なんと言っても対面式キッチンがいい!
家族で料理ができるようなキッチンにしたい!
お友達を呼んでホームパーティーができる広々キッチンにしたい!

などなど、理想は色々です。
まずは、我が家だけのキッチンにするために、家族の理想を話し合ってみましょう。

1作業効率・動線

キッチンリフォームの際には、まずキッチンでの作業の流れを把握し、動作がスムーズに行えるように考えましょう。

キッチンでおこなう作業の流れは、「食材の準備」⇒「洗浄」⇒「調理(下ごしらえ)」⇒「加熱調理」⇒「盛り付け」となります。
この作業をスムーズにおこなうためには動線をなるべく短くし、交差を少なくするように「冷蔵庫」、 「シンク」、「コンロ」を配置するのがポイントとなるでしょう。

ワークトライアングルを考慮し使いやすいキッチンへ

「冷蔵庫」、「シンク」、「コンロ」の3点の位置を結んでできる三角形は、ワークトライアングルと呼ばれます。

この3つのポイントを無駄のないラインで結ぶことが重要です。
一般的にこの3点を結ぶラインの1辺の長さは、120~200cmが動作しやすい距離といわれているようです。
また、作業をするカウンターの後ろは動きやすさを考えて、90cm以上の幅を持つのが良いといわれます。

ワークトライアングルを考慮し使いやすいキッチン

I型キッチンの場合

I型キッチンの場合

三角形にならず、直線状行き来。
長くなりすぎると使いづらい。

L型キッチンの場合

L型キッチンの場合

動線が短くなり
使いやすい!

2身長に合わせて、私サイズのシステムキッチン

キッチンリフォームの際に考えたいのが「キッチンの高さ」と「キッチンの奥行き」です。
作業のしやすいキッチンにするためには、機能性はもちろんのこと、使う人に合ったワークトップの高さのキッチンを選ぶことが大切です。
キッチンを選ぶ時、ショールームなどで相談してみてはいかがでしょう。

キッチンの高さ

キッチンサイズを選ぶ時の目安は「身長÷2+5cm」と言われているようですが、 高めがいい人や低めがいい人など、それぞれ作業しやすい高さがあると思いますので、 使う人の好みに合わせて高さを決めましょう。

ほとんどのシステムキッチンのメーカーは、80~90cmの高さを揃えていますので、 ショールームなどで実際に見てみるのが良いと思います。また、作業用カウンター、シンク、コンロそれぞれを作業のしやすい高さにすることもできます。

キッチンの高さ

キッチンの奥行き

ワークトップの高さが決まれば、次は奥行きです。 奥行きを広くすれば、その分収納量も増え作業スペースにも余裕はできますが、 こちらも身長に合わせて手の届きやすいサイズを決めることが大切です。

3収納スペースを充実させる

使いやすいキッチンにリフォームするには、収納スペースを充実させることが大切です。
電化製品や調理器具、ゴミ箱、食品をストックしておく場所など、 限られたキッチンスペースの中へコンパクトに収めるのは大変なことです。

ハンディゾーン

キッチンの収納スペースを考える際は、作業効率や調理器具の取り出しやすさを考え、 楽に手が届く範囲(ハンディゾーン)を意識しましょう。
ハンディゾーンとは、肩を中心にした半径75cmまでの範囲で、立った状態で楽に手が届くスペースのことです。

このスペースに使用頻度の高い調理器具を収納すれば、楽に取り出せるので作業効率も良くなります。

ハンディゾーン

電化製品の収納

また、意外と置き場所に困るのが電化製品。できるだけ一ヶ所にまとめて収納できる場所を作り、 使わない時にはしまっておけるようにすれば、使い勝手もよくなりスッキリと見せることができます。

電化製品の収納

食品をストックしておく収納

食品をストックする場所を考えておくことも大切です。 根菜類や果物、調味料やレトルト食品など、冷蔵庫に入れない食品は意外と置き場所に困ってしまうものです。
これらの食品入れを作っておくことで、スッキリと収納でき食料品の把握もしやすくなります。 中の棚をスライド式にしたり引き出せるケースを使えば、取り出しやすくて便利でしょう。

食品をストックしておく収納

4ゴミ(生ゴミ)の保管場所と生ゴミ処理機

キッチンリフォームの際に忘れていけないのはゴミの問題です。
最近ではゴミの分別も地域ごとに細かい指定があり、意外と大きくて場所を取ってしまうことが多いものです。 せっかくきれいなキッチンになったのにゴミ袋やゴミ箱が床に並んでる、というのは残念ですよね。

ゴミの保管場所

調理スペースの下に扉付きの生ゴミ保管場所を作れば、ゴミ箱が見えることなくキッチンがスッキリします。

におい対策(水気を切ったり、重曹やオガクズ、エタノールスプレーなどの消臭グッズを使うなど)をしながら、目隠しできるスペースを確保しましょう。 特に生ゴミの処理や置き場所は、リフォームの際に必ず考えておきたい問題です。

ゴミの保管場所

生ゴミ処理機

また、生ゴミ処理機を使うのも良いでしょう。生ゴミ処理機には➀乾燥式、➁バイオ式、➂ハイブリッド式の3つの処理方法があります。

バイオ式は、生ゴミを微生物の働きで分解して生ゴミの量を減らしてしまうもので、 乾燥式は、温風で生ゴミの水分を蒸発させて乾燥させてしまうものです。水分が少なくなるとニオイの発生を抑えられます。
ハイブリッド式はバイオ式と乾燥式の両機能を合わせ持った生ゴミ処理機になります。

処理中のニオイや音を抑えたり、狭いキッチンでも使えるコンパクトなサイズの生ゴミ処理機もあり、 処理されたゴミは有機肥料としてリサイクルすることができるので、環境に優しい処理方法といえるでしょう。

乾燥式高温の温風で生ごみを乾燥処理する方式

バイオ式微生物に生ごみを分解させる方式

ハイブリッド式送風乾燥してからバイオ処理する方式(バイオ式と乾燥式の両方の長所を生かしたもの)

お気軽にお問い合わせください♪

0120-58-1750

TEL/077-588-1750

受付時間/9:00~17:00(不定休)